スバル 新型 インプレッサがデビュー! フルモデルチェンジで日本での発売は夏に?

1.-2017-impreza-2.0i-sport-sedan
1.-2017-impreza-2.0i-sport-sedan

スバル 新型 インプレッサが遂に公開

大きくなりすぎたレガシーの後、レヴォーグがデビューしたが、ワゴンモデルのみとなり、スバルの中核車種はインプレッサへ移行していくのかもしれない。

以前から注目されていたインプレッサが、ニューヨークオートショーでデビューした。

長く使ってきたプラットフォームは、今回のモデルチェンジを機に「SUBARU GLOBAL PLATFORM」という新型プラットフォームへ移行する。今までは、レガシーから新しいプラットフォームへ移行していくが、今回はインプレッサが第一弾となる。このプラットフォーム、スバルによると、現行車比で剛性が70~100%高まると言われている。シャシーが強固になるということは、ダンパーやブッシュがしっかりと仕事をしてくれ、ボディに振動が伝わり難くなる。結果、ステアリングコラムやシートに伝わる振動などが減り、乗り心地の良い車と感じられる。また、この新プラットフォームは、ただでさえ低い重心を更に5㎜下げてきた。これも走安性の向上に繋がるだろう。万一の衝突の際のエネルギー吸収率も40%高めている。

このプラットフォームの採用した、新型インプレッサ。まずは、「スポーツ」と呼ばれるハッチバックと、セダンの2車種がデビューする。
ボディサイズは、セダンが全長4625mm×全幅1777mm×全高1455mm。スポーツ(ハッチバック)は、全長4460mm×全幅1777mm×全高1455mm。先代インプレッサと比較すると、40mm長く、37mm幅広く、10mm低い。ホイールベースは25mm延長されて2670mmとなっている。セグメントとしては、ハッチバックがCセグメント、セダンがDセグメントにかかるサイズだ。ちなみに、Cセグメントのお手本ゴルフは、全幅1800㎜×全長4265㎜×全高1460㎜。ホイールベースは、2635㎜。以前から、幅広にはなるだろうと予想されていたが、欧州のお手本車がこのサイズだとそれに合わせざるを得ないのかもしれない。

しかし、その幅広となったおかげで、コンセプトモデル時のフロントフェンダー後ろで一旦落ち緩やかに後方にかけて上がっていくプレスラインなど、スバルの新しいデザイン哲学「ダイナミック×ソリッド」が上手く再現されている。

サスペンションは公開されている情報がないのだが、プラットフォームの画像を見る限り、フロントはストラット、リアはダブルウィッシュボーンかと思われる。

エンジンは、従来型と同じFB型2.0L水平対向4気筒を直噴化して搭載。150PSから154PSへと出力を向上している。組み合わせられるのは、スバルリニアトロニック。CVTながら有段ATと同じように変速の際に回転数が上下するステップ変速を行う。このCVTを介して、全輪を駆動する。アメリカではFFモデルをラインナップしないということだが、日本ではどうなるのだろうか。

内装では、Apple CarPlayとAndroid AUTOに標準で対応する近距離通信を装備。それと連動するモニターが装備される。

予防安全では、進化版アイサイトを用意。自動衝突前ブレーキ、レーン逸脱アラート、前走車追従のアダプティブクルーズコントロールに加え、後退時の死角をカバーするリアクロストラフィックアラート(後退時自動ブレーキ)が用意される。

日本では、夏頃からの販売を予定している。

3.-2017-impreza-2.0i-sport-sedan 4.-2017-impreza-2.0i-sport 5.-2017-impreza-2.0i-sport-sedan 14.-2017-impreza-2.0i-limited

Comments

comments