フロントにターボエンジンを載せちゃったゴーカートの走りが尋常じゃない(笑)

Cool Automotive Pictures - November 4 2014 - 13

詳しいことは分からないのだが、タイトルからツインターボの恐らく直四?コメント欄にはフォードの1.8と書いてあるが、フォードシエラ辺りの1.8ターボだろうか?それともSR?(排気系向かって右だから違うかな・・)を積んだおバカなカートの動画をご紹介。

カートにデカいエンジンを載せるのは他にも例はあるし、ハヤブサのエンジンを積んだりしているのもあった。しかし、どれもシート以降を延長してエンジンを搭載するスペースを作っていた。しかし、こいつは、フロントにエンジンを持ってきた。FR化しているのだ。しかも、普通にデカいエンジンを載せただけでは飽き足らず、ツインターボで武装している。

カートなんて、レンタル用によくある、スバル・ホンダ辺りの汎用7馬力エンジン乗っかってるヤツでも充分速い。首もげそうになるし、10週も走れば腕上がらなくなるくらい、ハンドルの重さやキックバックが来る。ところが、これはフロントに更に巨大なエンジンを載せている。どれだけハンドルが重いのか想像もつかない。さらに、安全?そんなこと関係ねぇと言わんばかりのTシャツ短パンにノーヘルっていうドライバー。

動画を見てると、リバースギアもあるが、加速の音を聞いてると前進は一速のみのような感じだ。後ろにゴルフ?のリザーバータンクみえるけど、その下にNos?のタンクみたいなものもみえる。大体、プロペラシャフトはどこを通っているのだろうか?やっていることはめちゃくちゃだが、興味をそそられるのも事実だ。

最重量物がフロントに乗っているし、リアにはドライバーと冷却系以外の重量物がないので、とんでもなく重量配分が悪そうで、ただでさえトラクションが掛からない上に大パワーと、フロントヘビーの良くないFRの典型で、更にホイールベースも短いので運転しにくそう。

まぁそんなこと彼は考える気もないのだろうけど。

これより上はいないだろうと思ったら、更に上がいた。6気筒エンジンを積んだカートだ。リアタイヤにドラッグ用ラジアルを使っている分、先のカートよりもトラクションを気にかけているのだろうが、それでもむなしく空転を続けるだけ。それもそのはず、500馬力ものパワーがあるのだ。

マネする人はいないと思いますが、ヨイ子はマネしないように。

Comments

comments