【旧車】ハコスカの気になる値段は?スカイライン GT-Rの伝説がここから始まった!

WS000506
tumblr_ngtd8ct20f1rxiia4o1_1280

日本の旧車を代表するクルマとして存在しているのが3代目の日産 スカイライン、通称ハコスカでしょう。旧車の熱が高まっている昨今ですが、やはりハコスカは注目すべき存在と言えるでしょう。しかし、何故これほどまでにハコスカが人気となっているのかを掘り下げてみたいと思います。4ドアやハードトップのようなバリエーションに加え、GT-Rという最強の存在もありますよね。また、カスタマイズするにはうってつけという側面もあります。

R32のスカイライン GT-Rが大人気なワケとは? 海外でも人気急上昇で価格もアップ?

1968年にハコスカがデビューした!

9514680562_7ff0b3a997_b

ハコスカが世に送り出されたのは1968年のことです。約半世紀前というのがすごいです。はじめは2ドアハードトップの設定は無くく、4ドアセダンとワゴン、バンが設定されていました。搭載されたエンジンは廉価グレードの直列4気筒と直列6気筒のエンジンが搭載されましが。6気筒の方はチューニングベースとして人気となるL型エンジンの2.0Lの排気量を持つものが搭載されました。


z-car-garage-155-copy-1

開発責任者はスカイラインの生みの親である桜井眞一郎氏で、元々スカイラインを作っていたプリンス自動車が日産と合併して、初めて日産から発売されるスカイラインでもありました。

GT-Rが誕生!レースで大活躍!

2000gt-rr380-iii1969n

1969年に遂にGT-Rが誕生します。これが今日まで続くGT-Rの系譜の始まりとなります。GT-Rに搭載されるのはプリンス自動車のレーシングカー「R380」に搭載されたレーシングエンジンGR8をデチューンしたS20型エンジンが搭載されました。GT-RのRはレースを指し示しているのですが、まさにレース直系と言えるGT-Rです。ちなみにエンジンの出力は160馬力でした。

上の画像は当時のスカイライン GT-Rのカタログのもので、ハコスカGT-Rの隣には同じ心臓を持つR380の姿があります。

2ドアハードトップが追加される

tumblr_ncfzyvvnpb1r9ttmvo2_1280

1970年、マイナーチェンジに伴いハコスカに2ドアハードトップが追加されました。GT-Rは2ドアハードトップに移行し、4ドアのGT-Rは作られなくなりました。もちろん2ドアにもGT-R以外のグレードが多数存在します。2ドアボディの追加によって、レースでは有利となるショートホイールベースをハコスカは手にします。結果として1972年にレース活動を終了するまでに、49連勝、累計52勝という前人未到の記録を打ち立てることとなりました。

普通のハコスカとGT-Rの違いは?

nissan-skyline-taillight-1950133-o

ハコスカのGT-Rは4ドアが832台、2ドアが1197台が生産されました。

普通のハコスカとハコスカGT-Rを見分けるのにはいくつかのポイントがあります。エンブレムを見ればわかるんじゃないの?と言うかもしれませんが、GT-RのハコスカでなくてもGT-Rのエンブレムを付けている個体が大変多いので見分けるにはちょっと難しいです。まずは上にも書いたようにエンジンがレース由来の特別なものとなっています。

nissan_s20_engine_002

こちらがハコスカ GT-Rに搭載されるS20型のエンジンです。このエンジンは他にもフェアレディZ432やハコスカの後継モデルであるケンメリスカイラインのGT-Rにも搭載されました。このエンジンは中川良一というゼロ戦のエンジンを作っていたエンジニアが作ったエンジンでもあります。レース時にはノーマルの160馬力から250馬力までパワーアップして使われていました。

しかし、これではエンジンルームが開いていなければGT-Rと判断できません。エンジンを見なくても判別する方法として、少しマニアックですがリアウィンドウでも見分けることができます。GT-Rでは軽量化のために、通常の熱線が入った青みがかったガラスが無色透明で熱線が入っていない物に交換されています。

レースで大活躍したハコスカ GT-R

tumblr_miifc3nxbi1s0m17do1_500

1969年から1972年までの間にハコスカは圧倒的な力をサーキットで見せつけました。なにより元々レーシングカーに搭載したエンジンそのまま載っているというので、パワーの面では申し分ないものだったのでしょう。このサーキット仕様の姿は現在でも模倣されることが多く、フロントに装着されたオイルクーラーはまさにその象徴とも言えるパーツです。


mazda-rx3-vs-hakosuka-nissan-skyline-gtr-1972-50th-640x418

しかしロータリーエンジンと軽量なボディを武器とするマツダのサバンナ RX-3が1971年に登場。ハコスカの49連勝という記録を止めることとなります。エンジンのパワーこそGT-Rの方が上回っていましたが、コーナリングでの勝負ではサバンナの方が速かったのでしょう。スカイラインはケンメリへモデルチェンジしたこともありレース活動を終了し、後にサバンナは1978年までの間に通算100勝という記録を作りました。

ハコスカの価格はどれくらいの相場に?

7492749700_d957882182_b-copy

旧車、クラシックカーの人気の高まりに加え、外国人からもハコスカは注目を浴びる存在となっています。したがって価格は上がる一方です。当然、増えることはないので価値はますます希少なものとなっていきます。

程度の良し悪しによって大きく変動しますが、通常のハコスカを手に入れるには少なくとも300万円程度は必要となると考えていいでしょう。また、チューニングされている個体も多いため、エンジンがどのように変わっているのかというような知識があると判断するのに大きな助けになるでしょう。

GT-Rについては買おうとすると普通のハコスカより桁が変わってしまいます。こちらも程度の良し悪しで大きく値段が変わってしまいますが、安くても1000万円、程度が良かったりレストアがされていたりすると2000万円を越えてきます。

Comments

comments