マツダのディーゼルが売れすぎてヤバイ!! 搭載車の国内10万台販売を達成

1.5.1.1-h-cx5maxx-overview-stdfeapnlimage http://www.mazda.com.au

ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」搭載車の国内10万台販売を達成 – マツダ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140909-00000160-mycomj-sci

スクリーンショット 2014-09-09 19.50.38

記事を要約すると

  • 9月9日、「SKYACTIV-D」を搭載した自動車の国内販売台数が同日、2012年2月の「マツダ CX-5」の市場投入以降の累計で10万台を突破したと発表した。
  • 2013年には国内のディーゼル乗用車市場の6割にあたる約4万5000台を占めるに至っている。
  • 「SKYACTIV-D 1.5」を2014年秋に発売する予定のコンパクトカー、新型「マツダ デミオ」に搭載する予定としており、今後も「SKYACTIV-D」のさらなる普及を図る。

 

ディーゼルの悪いイメージがなくなってきているように感じます

欧州とくらべディーゼル不人気な日本ですが今後の展開が楽しみです

Comments

comments