【動画】トップフューエルのS2000がチューニングカー初の鈴鹿2分切りを達成

S0140521-2013-WTAC_4

三重県のトップフューエルが制作したホンダ S2000がチューニングカーとしては初めて鈴鹿サーキットを2分切りした。ドライブしたのは谷口信輝選手でタイムは1:59.936 だ。

エンジンはF20Cをベースに2450ccまで排気量を拡大し、ギャレットのGTX582Rタービンを装着し800馬力を発揮しているという。オートポリスや岡山国際サーキット、富士スピードウェイでもチューニングカーコースレコードを樹立している。

 

Comments

comments