小林可夢偉が筑波サーキット史上最速ラップタイムを記録、なんと44秒!!

CVgFfRsUwAA-dPA
CVgFfRsUwAA-dPA

12月6日、スピード×サウンド トロフィーというイベントがつくばサーキットで開催された。

このイベントは、自動車雑誌各誌が合同で開催しているイベントで、この中の目玉企画として、小林可夢偉選手ドライブによるSF14による、タイムアタックが行われた。
つくばサーキット、テクニカルなサーキットであまりパワーによるタイム差が出にくいコースと言われている。先日発売されたシビックTYPE-Rのタイムがセミウェットの状態で、1分7秒台でドライなら、あと0.5秒くらい縮められるという話をドライバーがしていた。雑誌「オプション」などで、つくばサーキットでタイムアタックをすると、各ショップのデモカーなど相当に改造を施したマシンが、1分切りを目安にしている位で、市販車であれば1分10秒を切ってくるのがかなり速い車ということになる。

ちなみに、コースレコードは2001年に脇坂寿一選手がスーパーフォーミュラ前身のフォーミュラニッポンのマシンでマークした46秒935。
そして、小林可夢偉選手のタイムは・・・・
「44秒008」
だった。

脇坂寿一選手はこれについて「こら〜!小林可夢偉!!」という題名でブログを更新(笑)

コーナーではF1より速いと、F1経験者が言うスーパーフォーミュラマシン。
もちろんF1との比較はできていないが、その性能の高さをテクニカルなつくばサーキットで証明した形となった。

動画は断片的だが、ヘアピンへの侵入でもかなりのスピードなのが分かると思う。

Comments

comments