スバル 新型インプレッサ セダンか? LAオートショーでコンセプトカーをお披露目へ

Subaru-Concept-Impreza-10

北米での販売が好調過ぎるスバル。来週開幕のLAオートショーで、次期インプレッサセダンと思われるコンセプトモデルを公開する。他にも次期フォレスターに通ずるようなコンセプトモデルも公開予定。
スバルオフィシャルサイトでは、サイドからのシルエットのみのティザーショットが掲載されている。(http://www.subaru-global.com/2015la.html)フロントフェンダーの複雑なシェイプなど、市販モデルにはこのままは難しいかと思わせるところもあるが、ルーフ後端が弧を描くように下がり、ファストバックともとれるようなトランクリッドに繋がるラインは、アウディなどの4ドアクーペ系モデルのようで、なかなか魅力的。
東京モーターショーでは、5ドアハッチバックモデルのコンセプトモデルが公開されていたが、フロントフェンダーの処理など通ずる部分がある。
スバルは、インプレッサ系からアウトバックまで、基本コンポーネントを共有している為、この次期インプレッサから、新中期経営ビジョン「際立とう 2020」に基づいた、設計思想が反映させられていく。
インプレッサ自体は、2015年発売予定で、全長×全幅×全高:4400×1880×1440mm ホイールベース:2670mm
エンジンは、レヴォーグ辺りと共有していくのではないだろうか。

 

Comments

comments