【動画】超希少!! ラストシリアルのフェラーリ ディーノ 206GT

maxresdefault

毎年8月にアメリカ モントレーでは、世界的に大規模な自動車のイベントが行われる。クラシックカーの祭典でもあるペブルビーチ・コンクール・デレガンスもその中に含まれていて、同時にラグナ・セカではクラシックカーが全開でサーキットを走行するイベントも行われている。

その中の一部としてFCA(フェラーリ クラブ オブ アメリカ)が行うフェラーリの品評会も行われた。今年その品評会へ、横浜にあるクラシックカーのレストアや販売を行うキャステルオートが持ち込んだのがこのフェラーリ ディーノ 206GTだ。

ディーノ 206といえば僅か150台程度しか生産されなかったかなり希少な車なのだが、その中でも最後に生産されたラストシリアルであるから、その希少性は計り知れないほど高い。ボディはその後に登場するディーノ 246のサイズとなっていて(246はスチール製のボディだがこの個体はアルミ製のボディ)、随所にモデルチェンジの最中に生産されたことが伺えるポイントがある。

Comments

comments