【F1】レッドブル、2016年はまさかのホンダエンジン搭載しちゃう!?

Sebastian Vettel of Germany and Infiniti Red Bull Racing drives on his way to finishing first during qualifying for the Brazilian Formula One Grand Prix at Autodromo Jose Carlos Pace in Sao Paulo, Brazil on November 23rd, 2013 // Getty Images/Red Bull Content Pool // P-20131125-00199 // Usage for editorial use only // Please go to www.redbullcontentpool.com for further information. //

ルノーエンジンの性能不足を公けに発信し、険悪なムードとなっているレッドブルレーシングとルノーエンジン。次戦アメリカでも新エンジンを搭載し、それによるグリッドダウンペナルティを受ける予定だったが、リカルドが「使う価値ない」と発言している。既に決別は決定的で、和解には謝罪をと言っているルノーに対し、それをする気のないレッドブル。

だが、フェラーリ、メルセデスからも最新エンジンの提供は拒否されており、来年のエンジンが決まらない状況で、撤退をちらつかせる状況だった。ここにきて、急転直下ホンダエンジンを使用する可能性が出てきた。実際にレッドブルの人間がホンダの新井氏とホテルで話し合っているところも見られているらしい。

まだ噂話の範疇ではあるが、エンジンサプライヤーは、ルノー、メルセデス、フェラーリとホンダ。藁をもすがる思いで接触したのかもしれない。

引用元 motorsport.com

Comments

comments