アロンソがマクラーレンに突きつけた3つの要求が話題に・・・ガセネタか?!

McLaren-Honda-2015-Fernando-Alonso

スペインのF1ドライバーフェルナンド・アロンソがマクラーレンに突きつけた、2016年の3つの要求が話題となっています。
それがまさか、信じられない・・・というような内容なのです。

1.新井氏の更迭
2.次年度開発に全面的に関わらせて欲しい
3.来期開幕(メルボルン)でQ3(予選最終ラウンド)以上になれなければチームを去る

この要求。
特に考え難いのが1の新井氏の更迭で、マクラーレンのスポンサー・ホンダへの批判とも取れる。雇用主の批判などするだろうか?

これで果たして気持ちよく走れるのだろうか?
社会常識的にもこんな発言をするとは思えず、アロンソに批判が集まることは間違いない。
遂行できなければ引退、というのは心がけとしては立派だしありえることだが…

しかし一方で、9月27日の鈴鹿で、アロンソはふがいないパフォーマンスのホンダエンジンにブチ切れるシーンが無線で放送されてしまい、フラストレーションに耐え切れなかったようだ。

元々要求の厳しいながらもじっとホンダに耐えてきたアロンソだけに、信じられないと思いながらもファンは興味深深だ。

リードモータースポーツの元記事は早々に削除されてしまったので、ガセネタだと祈りたいです。

 

Comments

comments