【F1イタリアGP決勝】レース後に荒れた決勝、マクラーレン・ホンダは厳しい戦いが続く

image1.img.640.medium

2015年F1イタリアGP決勝が、9月6日モンツァ・サーキットにて行われた。

レースで圧倒的な差でチェッカーフラッグを受けたのはメルセデスのルイス・ハミルトン選手だったが、レース後の審議で
マクラーレン・ホンダの2台はスタートこそ無難に切り抜けたが、エンジン差が如実に出るモンツァでは、その後は厳しいレースとなった。

 

スタートで多少の混乱

イタリアが地元のフェラーリは、予選で2、3番手グリッドを獲得。しかし2番手スタートのキミ・ライコネン選手は、アンチストールが起きてしまい、一気に最後尾へ。ティフォシ達の希望は、順当に発進したセバスチャン・ベッテル選手へと向かった。

スタートでは他に、ロータスの2台が接触によりリタイアとなった。

 

勝負の肝となったタイヤ交換

ワンストップ戦略が主流と見られていた中、コース上での追い抜きよりも、適切なタイミングでタイヤ交換をすることが重要だった。このピットストップで成功したのが、メルセデスのニコ・ロズベルグ選手。ロズベルグはいち早くタイヤ交換を済ませると、前を走っていたウィリアムズの2台のアンダーカットに成功。ウィリアムズ側はメルセデスの素早い対応に、なすすべがなかった。

 

ロズベルグに残り数周で悲劇、ハミルトンは圧勝

レース終盤では、ウィリアムズ勢を抜いて3位を走行していたロズベルグが、2位のベッテルにも迫るペースだった。しかし残り数周というところで、ロズベルグ車のエンジンから発火。ロズベルグはリタイアとなってしまった。

追われる立場から解放されたベッテルは、1位のハミルトンに次ぐ2位でゴール。ハミルトンはキャリア通算40勝目を飾った。3位にはウィリアムズのフェリペ・マッサ選手が滑り込んだ。

これで2015年イタリアGPは終わりかと思われたが、レース後の審議がさらに盛り上がりを見せることとなった。

 

メルセデスは失格にすべきとの声も、タイヤ内圧に関する審議の結果は?

レース後の審議では、スタート直前のメルセデス車のタイヤ内圧が、ハミルトン車は0.3psi、ロズベルグ車に至っては1.1psiも基準値より低かったことが問題視された。前回のベルギーGPでのタイヤバースト事故を受けて、抜き打ちチェックされ発覚した。

メルセデス側はレース中からこれを気にしていて、ハミルトンにはレース最終盤までプッシュさせていた。仮に25秒ペナルティを受けた場合でも、ギリギリで勝つ計算だった。

審議は2時間にも及んだが、結果は白。
メルセデス側は安全上の手続きを尊守していて、タイヤ内圧の低下は、タイヤを保温するブランケットの扱いを規定通りに行った結果であることが考慮された。

ヨーロッパラウンドが終わったF1は、次は2週間後のシンガポール、そして日本GPへと続いていく。低速サーキットのシンガポールではエンジン差が少なくなるため、エンジンで劣るマクラーレン・ホンダやレッドブル・ルノー等にもチャンスがあるか?信頼性が鍵となりそうだ。

Comments

comments