【動画】F1イタリアGP予選でエンジンカウルが剥がれる珍しい事故が発生

F1が行われているイタリア・モンツァサーキットでの予選走行時に、トロ・ロッソのマシンのエンジンカウルが剥がれるという珍しい事故があった。

予選Q1で、ピットでの作業に時間がかかって走れていなかったトロ・ロッソのマックス・フェルスタッペン選手は、走行確認のためラスト数分、数秒のところでピットを出た。しかし焦ってマシンを整備していたせか、走行中にエンジンカウルが剥がれ落ち、走行中のマシンは中のエンジンやパイプなどが丸見えという状態になってしまった。

F1、しかも高速サーキットのモンツァでは、少しの整備ミスでエンジンカウルなど簡単に吹き飛んでしまうことが分かった。

2015年F1イタリアGP決勝は、9月6日の日本時間21時から。BSフジでは23:30から放送される。

Comments

comments