六本木でフォーミュラEマシンのデモラン!日本でも公道レース幕開けなるか?

hi_e0988

日本の中心地、東京の六本木・けやき坂にて、電気自動車のF1とも呼ばれるフォーミュラEのマシンによるデモランが行われた。日本で初めて走るその姿に、多くの人々が集まった。

 

初走行の様子

「六本木ヒルズ盆踊り2015」のスペシャルイベントとしてのデモラン。

当日はフォーミュラE初戦と最終戦に出場した山本左近選手がドライブ。そしてフォーミュラEの「チーム・アグリ」代表、鈴木亜久里氏、マーク・プレストン氏もゲストとして参加。さらにフォーミュラEホールディングスCEOのアレハンドロ・アガグ氏も駆けつけ、賑わいを見せた。

電気自動車なので、音がとても静かだ。距離が短く街中な分、スピードはかなり抑えられている。

 

ツイッターでの反応

ツイッターでも、このデモランに対する反応があった。

 

日本の中心地でデモ走行する意味

しかし今、なぜ突然日本でのフォーミュラEマシンによるデモランが行われたのか?

デモランも行った山本左近選手は、

「ここ六本木けやき坂通りは、僕も何度も歩いたことがあるし、クルマでも通ったことがある場所です。そこを、フォーミュラカーで走る。しかもお祭りや盆踊りに来た人たちに対して、こんなスポーツがある、こんなクルマが走っている、ということを知ってもらい、興味を持ってもらうチャンスがあることこそ、いちばん価値があることじゃないかと思います。今回、公道を走行するという許可を取るためには、本当にさまざまな苦労があったと思うのですが、日本で公道レースを開催したい、フォーミュラEを誘致したいという、たくさんの方々の熱意が、今回のイベント実現につながったのだと思います」

と、今回のデモランの価値と、日本でのフォーミュラEの将来に期待を寄せた。

また、もう一つの理由として、日本でもフォーミュラEレースを行いたいという主催者側の見え隠れする期待がある。

日本には多くの世界的に有名な車メーカーがあり、下火とは言え、熱心なモータースポーツファンもたくさんいる。フォーミュラEマシンによるデモランを行うことで、一般的な関心を誘いつつ、政治的なアピールもあったとされている。

そこで、ファンが気になるのは以下の点だ。

 

今後日本での公道レースはあるのか?

フォーミュラEは、大都市の公道で行われる、公道レースだ。

日本では公道でのレースに関する法律もないので、フォーミュラE日本GPの実現には、法整備などの受け入れ態勢の整備が必要となる。

イベントに駆け付けた「モータースポーツ振興議員連盟」の会長を務める、自民党の古屋圭司衆議院議員はこう語っている。

「(公道レースの実施を可能にする、『モータースポーツの振興に関する法案』は)全党の理解を得ることができると思う。この国会に法案を提出して、成立を目指していきたい」

フォーミュラEホールディングスCEOのアガグ氏も、

「スピードは遅かったけれど、(今回のイベントの)ロケーションは非常に素晴らしかった。日本でのレース実施に向け、大きなステップを踏むことができた」

とイベントをまとめ、日本でのレース開催に向けて期待を寄せた。

東京、大阪、沖縄…公道レースが行われるのはどこの都市になるかはまだ分からないが、まずは「公道レースを行える法律」が成立するかがポイントだろう。

Comments

comments