これで完璧!全長7km越えのスパ・フランコルシャンサーキットの1周を徹底解説

F1ベルギーGPの舞台であり、24時間レースも開かれるベルギーのスパ・フランコルシャンサーキット。全長は7.004km、山間に作られた高低差あるダイナミックなサーキットは、世界中のファンとドライバーに愛されている。

巨大なサーキットの全貌を知るには、的確な説明が必要。まだ把握できてない人も多いだろう。

そこで、WTCCシリーズで活躍するドライバー:トム・コロネルが、ドライバーの目線から、スパ・フランコルシャンの解説を行っている動画が分かりやすい。

英語音声だが、字幕がついているのは嬉しい。

F1の夏休み明け初戦はベルギーGP。サーキットの全貌を理解しておくと、レースが分かりやすく、楽しくなる。

Comments

comments