クローズド専用マシンのマクラーレン P1 GTRを公道走行できるように改造

road-legal-McLaren-P1-GTR-600x432

クローズド専用マシンであるマクラーレン P1 GTRを公道での走行を可能とするためにエキゾーストシステムやボディに専用の加工するチリ人オーナーが現れた。

P1自体が375台しか生産されない上に価格も1億というプレミアムな車なのだがこのP1 GTRは35台のみの限定生産となり価格は3億4000万円にも上るという。購入条件として既にP1を購入していることなどが挙げられる。

P1と基本的なメカニズムは同じでV型8気筒のツインターボエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載しているがパワーアップされて1000馬力を発生するという。

内外装はサーキットでの走行に適した仕様になっていてハンドルは2008年のF1マシン”マクラーレン MP4-23″のものを参考にし、外装は過激なエアロシステムが組み込まれている。

 引用元 MotorWard

Comments

comments