時速350㎞の世界へ誘うランボルギーニ アヴェンタドール SV

sddefault

ランボルギーニ アヴェンタドールのハイパフォーマンスモデルであるSVは専用のカーボン製エアロパーツやチタン製の4本出しマフラーなどにより標準のアヴェンタドールか ら約50㎏の軽量化を果たしている。また専用のエアロパーツはアヴェンタドールから170%以上のダウンフォースを生み出しエンジンは50phのパワー アップがなされている。結果としてニュルブルクリンク北コースを6分59秒73というラップタイムで走行する動力性能を手にした。

上の映像ではランボルギーニの開発機関のトップであるMaurizio Reggiani氏が登場し車の解説をしてくれる。

Comments

comments