フォルクスワーゲンがカーボン製ホイールを開発中!! ホイールもカーボンの時代へ

5-carbon-agera-r-carpark-wheelimage by sssupersports

スウェーデンのスーパーカーメーカーのケーニグセグ社では既に採用がされているカーボン製のホイール。ホイールには強大な負荷がかかるため、モノコックや外板と比べ耐久性や強度の問題があるが販売台数世界1位のフォルクスワーゲンまでもがこのカーボン製のホイールへ動きを見せている。

フォルクスワーゲンはMaxison WheelsとThyssenKrupp Carbon Componentsと協力しカーボン製のホイールを開発中で既にプロトタイプが完成、現在はテスト段階にあるという。

バネ下重量の軽減は自動車の動力性能に大きく寄与することもあり、従来のアルミ製のホイールから40%も軽量となるので多大な性能向上に期待ができる。

アウディは現在サスペンションのスプリングを樹脂で開発していることもあり、ボディ外板以外の脱金属による軽量化の流れはトレンドとも言える。

引用元 WORLDCARFANS

Comments

comments