ランボルギーニがSUVの投入を正式に発表、2018年から生産へ

55662b50bb28bimage by theladbible.com

ランボルギーニがSUVの投入を正式に発表し2018年には生産されることを明らかにした。生産はイタリアで行われ生産性を向上させるために既存の工場を拡大、従業員も300人を新たに雇用する。イタリア政府はそのために1億ユーロ(約134億4,000万円)の支援を行う準備をしているとも報じられている。

画像は2012年に公開されたランボルギーニのコンセプトカー「ウルス」のものだ。ランボルギーニの新型SUVはアウディ Q7、ポルシェ カイエン、VW トゥアレグに採用される新型プラットフォームを共有するとみられていてエンジンはアウディが開発したV型8気筒エンジンを搭載することが予想されている。またダウンサイジング化の流れにより過給器の装着を余儀なくされる可能性もありもしそうなればランボルギーニ初の過給器付きの車となる。

引用元 CarScoop

Comments

comments