ホンダ 新型 NSXの開発車両を公道で発見、発売は年内にも??

2016-acura-nsx-spied-on-405-front-three-quarter
2016-acura-nsx-spied-on-405-front-three-quarter

アメリカのカリフォルニアで新型 NSXの開発車両の最新の姿が捉えられた。

ボディサイズは先代から大きくなり全長4,470mm × 全幅1,940mm × 全高1,215mm、ホイールベース2,630mmとなる。ボディにはカーボンやアルミ、高張力鋼が効率よく組み合わされている。エンジンの搭載方法は先代の横置きから縦置きに変更、バンク角75度のV型6気筒ツインターボエンジンは550hp以上のパワーを発揮する。組み合わされるトランスミッションは9速のDCTだ。

ハイブリッドシステムはモーター3機を搭載し前輪を2機のモーターで駆動、残りの1つはパワーユニットに組み込まれホンダ独自の4輪駆動システ ム”SH-AWD”を採用した。タイヤサイズはフロント245/35Z R19、リア295/30Z R20でブレーキにはフロント6ポッド、リア4ポッドのキャリパーがそなえられディスクはカーボンセラミックブレーキディスクとなる。

米国の価格は約15万ドル(約1800万円)となっていて発売は2015年の夏となる見通しで日本での発売も2015年中にされる予定だ。また生産はアメリカ オハイオで行われる。

引用元 automobilemag.com

2016-acura-nsx-spied-on-405-profile 2016-acura-nsx-spied-on-405-rear-three-quarter-1 2016-acura-nsx-spied-on-405-rear-three-quarter-2

Comments

comments