ホンダ シビック タイプRの量産モデルを発見?? ウィング一体型のテールランプは…

10991369_821289824572941_2252453327263150700_n
10991369_821289824572941_2252453327263150700_n

3月2日にホンダが新型車の「シビック タイプR」をワールドプレミアする予定だ。そして整備工場らしき場所でホンダ シビックタイプRの量産モデルと思われる車両が発見された。

新型のシビック タイプRはニュルブルクリンクFF最速を目標に掲げ開発されていて7000回転からがレッドゾーンである直列4気筒のVTECターボエンジンを搭載、 280馬力以上のパワーを発揮するという。組み合わされるトランスミッションは操る楽しさを享受できるということで6速のマニュアルトランスミッションと なっている。また新たなギミックとして”+Rボタン”が存在し、これを押すことでエンジンのレスポンス向上、サスペンションの性能向上など車のパフォーマ ンスを最大限に引き出しサーキットなどでのスポーツ走行に適した状態に可変できる。

既にイギリスでは予約が開始されていて3000ポンド(約55万円)のデポジットを払うことで予約が可能となる。また日本では1000台限定の販売となることが噂されていて発売時期は今年の夏から秋にかけてと予想される。

引用元  facebook

Comments

comments