遂にフルモデルチェンジ!! ホンダ 新型 ステップワゴンが3月に発売へ、話題のVTECターボエンジンを搭載

ec35451a-s
ec35451a-s

今年の3月にホンダ ステップワゴンがフルモデルチェンジを迎え新型車が登場する予定だ。今回のフルモデルチェンジの大きなトピックはVTECターボエンジンが搭載されることだろう。

2013年にエンジンのダウンサイジング化の波にのる形で3種類のVTECターボエンジンが公開されたが遂にこのエンジンが初搭載される。搭載されるエンジンは1.5Lの4気筒エンジンでライバルであるノア/ヴォクシーより安価となる可能性が高い。燃費は20㎞/L前後と予想される。

ハイブリッドモデルはフィットやヴィゼルに搭載される1.5LのSport Hybrid i-DCDがひとつの候補として挙げられるが今ではアコードハイブリッドに搭載される2.0LのSPORT HYBRID i-MMDが搭載される可能性が大きい。

2つのシステムの大きな違いはモーターの使い方でフィットの場合はあくまで動力を補助するために使われるがアコードの場合はモーターをメインで使い、エンジンは発電機の役割として使うことが多いシステムだ。しかしハイブリッドモデルの投入は遅れるようだ。ハイブリッドモデルではトヨタ ノア/ヴォクシーの23㎞/Lという燃費を超えてくることが期待される。

外装、機能面に関しての新たな試みとしてトランクゲートが上に開く他、横にも開く事ができるというものが採用されているという。記事の画像は去年、大黒PAに現れたステップワゴンのテスト車のものだがリアウィンドウの真ん中やや右に縦に線が入っているのがわかる。おそらくこの線が織り目となってトランクゲートが左側から開くのだろう。

デザインは最近のホンダに多く見られる顔つきが採用され前衛的かつスタイリッシュな顔つきとなることなり、価格は250万円前後となるだろう。

 

あなたの車、もっと高く売れるかも!!

車の下取りなどをお考えの方、下をクリック!!

main_visual

7f6c0fc6-s

Comments

comments