新型 フェアレディZのエンジンはやっぱりメルセデス製のもよう(´・ω・`) しかもハイブリッド(;´゚д゚`)

無題

 

2017年の発売が予想されるこの新型フェアレディZですがZ35というコードネームで既に開発が進められているという。アメリカと日本の市場を想定して作られていたフェアレディZだが新型は世界を標的にしたよりグローバルなスポーツカーとなるようだ。

この7代目となるZ35は今までどおりの伝統的なルックスと驚異的なハンドリングを実現、そして小さいながらもよりパワフルなメルセデス・ベンツ製のエンジンが搭載される。オープンモデルに関してはかつてのソフトトップに換わりハードトップが採用され、タルガトップもしくはTバールーフが採用されるモデルもあるそうだ。

エンジンは2つの選択肢があるようでエントリーモデルとして考えられるメルセデス製の直列4気筒2.0Lのターボエンジンが、もう1つはメルセデス製のV型6気筒3.0Lのターボエンジンが上位グレードに採用されると予想される。2.0Lエンジンは新型スカイライン 200GT-tに採用され話題になったものと同一でエンジン単体で211psというパワーだがハイブリッドモデルとなる可能性があり更にモーターのパワーが加えられると考えられる。3.0Lエンジンは408psの大パワーを発揮、同様にハイブリッドとなるためにモータのパワーが更にあるということです。

ライバルとして想定している車はBMW Z4やアウディ TTなどが挙げられる。

このZ35 新型フェアレディZは2015年の東京モーターショーで発表、2017年に販売になるとされ値段は600万円以下と予想される。

 

nissan-z35-Fairlady-Z-370Z

 

 

http://www.autoevolution.com/news/nissan-s-next-370z-rumored-to-have-two-mercedes-turbo-engines-85020.html

http://blog.caranddriver.com/next-generation-nissan-z-sports-car-to-get-targa-roof-hybrid-power/

 

Comments

comments