1994年に1億2000万円だった車→20年後には12億円!! 車を買えば丸儲け!!

スクリーンショット 2014-12-19 17.21.03

スクリーンショット 2014-12-19 17.21.03image by YouTube

この動画はマクラーレン F1 VS マンションというぱっと見よくわからない対決なのですが趣旨は簡単、1994年に1億2000万円だった車とマンションが2014年にはどちらが高くなっているかという勝負です。

ちなみにマクラーレン F1は1993年から1998年の間に64台しか生産されなかった希少なスーパーカーでエンジンにはBMW製のV型12気筒エンジンを搭載、600馬力以上のパワーを発揮しル・マン24時間耐久レースで優勝するなどモータースポーツにおいても輝かしい記録を残しています。

スクリーンショット 2014-12-19 17.19.00image by YouTube

1994年に1億2000万円だったマンションは2014年になると4億6千万円に!!

これでも十分嬉しい感じがしますが…

スクリーンショット 2014-12-19 17.20.27image by YouTube

1994年には同じ値段のマンションとマクラーレン F1です。

スクリーンショット 2014-12-19 17.20.49image by YouTube

マクラーレン F1は2014年になると12億円に…なんと10倍の値段になっています。グラフで可視化されるとその凄まじさをより感じとれます、1台の車がマンションの2倍以上の値段になるなんて…

昨今では車へ投資する人が増えていて今年の8月、アメリカのペブルビーチで行われたオークションではフェラーリ 250 GTOが39億円で落札され自動車オークション史上最高額を更新しています。はたしてどこまで値段が上がっていくのでしょうか。

Comments

comments