【恐怖映像】欠陥!? 時速300kmオーバーで走行したらボンネットが…

スクリーンショット 2014-12-08 18.08.18
スクリーンショット 2014-12-08 18.08.18

これはフォルクスワーゲン ゴルフ R32の車内から撮影された映像だ。ポルシェ 911の後ろに付きスリップストリームに入り時速311㎞に到達したところで前方のポルシェが車線を移動、その瞬間大きな音とともにボンネットが開いてしまった。フロントガラスが割れていることからかなりの衝撃が加わったものと考えられる。

このような事故となった原因はやはり時速300㎞というハイスピードであること、そして前方の車が移動したことにより風圧が急激に加わったこの2つの要因でボンネットを留めるストライカーが耐えられなかったものと考えられる。レースカーを例に挙げると下の画像のようにボンネットが風圧によって開かないようにボンネットピンというものが用いられる。

o0480031910833571346image by ameblo.jp

Comments

comments