パガーニ ゾンダの中でも究極なゾンダ 760RSを公道で全開試乗!! そりゃ2億円以上するわ…

pagani-zonda-760rs-udka8tkc
pagani-zonda-760rs-udka8tkc

image by http://hdcarpapers.com

1999年にパガーニ社の初めての車「ゾンダ 12C」を販売、15年ほど経つがこのゾンダは今なお進化を続けている。2012年に登場したのがこのゾンダ 760 RSだ。チリの実業家がパガーニ社に特注した車でありゾンダ史上最高峰のスペックを誇っている。ミッドシップに搭載されるエンジンはAMG製のV型12気筒エンジンで760馬力ものパワーを発揮するがその数字以上に特徴的なマフラーエンドから発せられる天を劈くようなエグゾーストノートはさすがといえる。そして車の大半を構成しているカーボンだが織り目が綺麗に揃っているところを見るともはや工業製品ではなく工芸品とも言える域だろう。

Comments

comments