【悲報】マツダ社長「ロータリエンジン搭載車を復活させる計画は無い」

Mazda-RX7_1999_800x600_wallpaper_01

image by NetCarShow.com

2012年6月『RX-8』が販売終了し現在マツダのラインナップにロータリーエンジンを搭載する車は存在しない。1967年に初代 マツダ コスモスポーツから始まり91年にはル・マン24時間レースを優勝するなど輝かしい記録を作りその個性から多くのファンがロータリーエンジン搭載車の復活を待ち望んでいる。しかし残念なお知らせとしてマツダの社長でありCEOの小飼 雅道氏がロータリーエンジン搭載車を復活させる計画はないと明言した。

その理由として小飼氏は現在の状況ではマツダの車種をこれ以上広げることが難しく、限られた経営資源はSKYACTIV商品に投入していき財務基盤の強化していきたいと語った。

引用元 AutomotiveNews

Comments

comments