【動画】フェラーリを超えるサウンド!! マツダ 787Bの天使の咆哮を堪能しよう

img_0

image by japaneseclass.jp

1991年にル・マン24時間耐久レースを制したマツダ 787B、未だに日本でル・マンを制した車はこの1台のみだ。そして何よりこの車の個性そしてマツダの真骨頂であるロータリーエンジンを搭載しているのだがこのサウンドがどんな内燃機関の音よりも素晴らしいのだ。R26Bと呼ばれる自然吸気の4ローターエンジンの発する音はフェラーリのそれにも勝る高周波で官能的なサウンドを響かせる。

Comments

comments