マツダ CX−5が遂に新型へフルモデルチェンジ! 発売は2017年2月か?

2015-cx-5_2014-laas_eu_exterior_5-e1416456098657

マツダ CX-5がフルモデルチェンジを迎える?

2015-cx-5_2014-laas_eu_exterior_5-e1416456098657

マツダのミッドサイズのSUVであるCX-5がフルモデルチェンジを行おうとしている。スカイアクティブテクノロジーとディーゼルエンジンを組み合わせたSUVは、ヨーロッパで主力となっていたディーゼルエンジンを日本に広めた功労者でもあります。ヨーロッパのメーカーが送り出すディーゼルエンジンは、触媒などを活用して窒素酸化物を抑える必要がありますが、マツダのディーゼルエンジンは、あえて圧縮比を下げ、窒素酸化物の発生を抑えるという、正に逆転の発想のエンジンでした。

マツダの新型車の一覧はこちら

メーカ別の新型車の一覧はこちら

2012年にデビューし大人気となったCX-5

cx-5-rear

市場は、燃費の良さに注目し、CX-5はアテンザとともにフォードから離れたマツダの成長を後押しするモデルとなりました。マツダのスカイアクティブテクノロジーを全面に押し出した戦略も功を奏し、2012年の日本でのSUV販売台数ランキングでは一位となりました。さらに2012-2013年カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなどクルマそのものへの評価も高いものでした。

そんなマツダの切り込み隊長だったCX5も、来年デビューから丸5年となり、そろそろ次期モデルの噂が聞こえてきました。

ちなみに、CX-5はイヤーモデルのように毎年何かしら変更を加えていました。当初、つっぱり過ぎてしなやかさに欠けた乗り心地も翌年にはダンパのセッティングを変えており、エンジンもトラブルな多かった初期モデルから変更があったようです。

海外ではCX-9やCX-4が登場している!

主に中国で販売されるCX-4

cx-4

海外では、兄貴分となるCX-9やクーペ版となるCX-4がデビューしているCXファミリー。日本ではCX-5の弟分にあたるCX-3が登場したのも記憶に新しいだろう。CX-4は主に中国で販売されるようで、日本への導入はなさそうだ。

北米の市場を意識したCX-9

cx-9-1

こちらは3列シートを持っているCX-5の兄貴分となるCX-9。日本への導入はこちらも無いのだが、日本の交通環境では巨大とも言える大きさだ。よりプレミアムな市場を狙っていきたいマツダの思惑を感じられる。

2017年2月に新型CX-5が登場する!?

mazda-cx-5-teaser-l-a-auto-show-2016-articledetail-7c5d341-986481

マツダが11月のなかばに開催されるアメリカでのモーターショーに新型 CX-5をお披露目することを予告し、上の画像を公開しました。また、各地でテストカーも目撃されているので、コチラの画像を参考に新型 CX-5の考察をしていきたい。

2018-mazda-cx-5-1

最近、マツダは高級路線へシフトすべく、FRプラットフォームへ回帰するという発表があったが、それは2018年からとなりそうなので、次期CX5はエンジン横置きとなりそうだ。スパイフォトからもキャビン寄りのフロントタイヤハウスなど、FFらしいプロポーションが確認できるが、スパイフォトを見る限り、基本的にはキープコンセプトのようだ。

ただ、CX-4やCX-9がよりAピラーを前進させ、大きく傾けているのは、新型CX-5にも繋がりそうで、居住空間はそのままに、キャビンを小さく見せスタイリッシュなプロポーションに貢献しそうだ。

特徴的なマツダ顔を演出するグリル周りは、グリル中央を窪ませ、メッキの縁取りもより太くなり、マツダ顔を強調している。

2018-mazda-cx-5-3

ボディーサイズはわずかに全長が伸びる程度かと思われ、4550x1840x1700位のボディーサイズになるのではと思われる。現行もボディーサイズの割には1.5t弱と軽量な部類だったが、次期モデルは更に軽量になるだろう。

ボディー以上に変わるのがエンジン。従来と同じ2L直4ガソリンターボ、2.2L直4ディーゼルターボのほか、新開発の2.5L直4ガソリンターボが加わる予定だ(画像下)。これは230psに43kgf/mというディーゼルに負けないトルクを発生させる。ディーゼルには、デミオなどに採用されたナチュラルサウンドスムーザを搭載。ディーゼルエンジンのノックの低減に配慮する。また、各ポンプなど補機類の電動化を進め、フリクションの低減などを併せて、さらなる低燃費を目指してくるだろう。

2017-mazda-cx-9-36

トランスミッションは、これも変わらず6速ATを組み合わせている。他社エンジンよりもトルクに余裕がある為、ハイギアート化され好燃費に貢献する。

駆動方式は、FFと4WD。現行もワイパーの動きなどもモニタし、路面状況を推察していたが、一歩進んだ路面センシング方法をとる予定。よりきめ細かいトルク配分を行う。

猫も杓子もSUVとなっている昨今の市場。重量のあるボディーでも相性のよいディーゼルとの組み合わせで、ライバルの多い中でも支持を得られ続けていくだろう。発売時期は2017年の2月と予想されている。

 

マツダの新型車の一覧はこちら

メーカ別の新型車の一覧はこちら

Comments

comments