【動画】燃えて灰になったホンダ 新型 NSX、ニュルブルクリンクに戻ってくる

acura-honda-nsx-back-at-the-nurburgring-after-fire-disaster-video-88094_1

7月にニュルブルクリンクでテストを行ったホンダ 新型 NSX、炎上してしまうという結末を迎えたがそのNSXがまたドイツのニュルブルクリンクに帰ってきた。

開発責任者であるTed Klaus氏によればポルシェ911,フェラーリ 458,アウディ R8のようなハイパフォーマンスカーをベンチマークとして開発がされているという。また、実際に購入する人についてはフェラーリを購入するような顧客を想定しているようだ。

エ ンジンにはVTECが備わったV型6気筒のツインターボエンジンが搭載され500馬力〜600馬力程度の出力を発揮、トランスミッションには7段以上の デュアルクラッチトランスミッション、そのエンジンとトランスミッションの間に1機のモーターが組み込まれ、前輪を1つずつモーターが駆動する。この4輪 駆動システムをホンダはスポーツ・ハイブリッド SH-AWDと呼称している。

さらなるハイパフォーマンスモデルやオープンモデルの開発の予定もあるが現状ではどちらを優先的に開発するかは決まっていない。

2015年の東京モーターショーで生産型、プロダクションモデルの公開が行われ2016年に発売となる。

 

2015-honda-nsx-spied-near-the-nurburgring-yet-again-photo-gallery_1 2015-honda-nsx-spied-near-the-nurburgring-yet-again-photo-gallery_2 2015-honda-nsx-spied-near-the-nurburgring-yet-again-photo-gallery_3 2015-honda-nsx-spied-near-the-nurburgring-yet-again-photo-gallery_4 2015-honda-nsx-spied-near-the-nurburgring-yet-again-photo-gallery_5 2015-honda-nsx-spied-near-the-nurburgring-yet-again-photo-gallery_6

Comments

comments