【動画】日本製の電動スーパーカーが0-100km/hを1.9秒で達成し世界最速に! 2019年に約5億円で発売

新型テスラ・ロードスターが驚くべき加速性能を実現し話題となっていましたが、そのテスラを越えるパフォーマンスを日本製の電動スーパーカーが実現しました。その記録は0〜100km/hを1.9秒で実現するというもの。2017年のフランクフルトモーターショーでお披露目されたこの「アスパークOWL」ですが、2019年に約5億円で発売を予定しているそうです。日本からこんなスーパーカーが登場するというのはとても嬉しいことですね。

Comments

comments