ランボルギーニ初のハイブリッドカー「アステリオン」を公開、出力は910馬力でリッター23kmという燃費を実現

57ae4233-s

 

ランボルギーニは初めてのハイブリッドカーである「アステリオン LP910-4」を公開した。

高い運動性能と環境性能を両立したこの車は5.2リットルV型10気筒自然吸気エンジンと3基の 電気モーターを組み合わせることで910馬力ものパワーを発揮、同時にハイブリッド時でリッター約23.8kmもの燃費を実現、電気モーターのみでの走行でも最高時速125 km/hまで可能で、最大航続距離は50kmだ。

トランスミッションには7速のDSGが組み合わされ1つのモーターがエンジンとトランスミッションの間に備わる、残りは前輪を1つずつ駆動しポルシェ 918 スパイダーと同じ仕組の4輪駆動となる。

 

 

30aed3eb-s 2ed271ef-s 39215d18-s b1d69a0f-s d743a53b-s e4422d74-s


 http://www.carscoops.com/2014/10/lamborghinis-asterion-lpi910-4-is-910ps.html

Comments

comments