合宿免許が教習所へ通うよりもお得な4個のワケ

driving-school-1819155_640

自動車を運転する為に必要な「運転免許証」
運転免許証を取るには、一般的には自動車学校へ行って、学科や実技などを学んだ後に試験を受け、合格したら運転免許証を受けとる事が出来ます。

しかし、最近では一定期間泊まり込みで運転免許証を取る「合宿免許」の人気が高まっています。

そこで今回は、「合宿免許が教習所へ通うよりもお得な4個のワケ」と題して、合宿免許を受けるメリットをご紹介します!

教習所との比較や料金など、これから運転免許証を取る予定の方、必見ですよ!

1.短期間で運転免許証が取れる

1cc6150b5cb4f3bbd97285304370bad5_s

結論から言えば、合宿免許で運転免許証を取る期間としては、「AT車は最短14日」「MT車は最短16日」と言われています。

これは、学科や実技などを「集中的に行う」為で、効率的にスケジュールをこなす事が出来ます。

もちろん、個人の技能取得度にもよるので一概に言えない所もありますが、目安としては以上の最短期間で運転免許証を取る事が出来ます。

ちなみに、教習所に通った場合は「最短でも1か月~2か月は必要」なので、それを思うと、いかに合宿免許が効率的ながお分かり頂けると思います。

更に言えば、教習所に通う間に用事などで日にちが開いてしまうと、それまでやって事を忘れてしまい、結果として運転免許証を取るまでの日数が掛かってしまう事もあります。

また、学科や仮免の終了認定、卒業認定に合格しなければ補習授業として1日ずつ延びる事になります。

その為合宿免許は、夏休みや春休みなどまとまった期間が取れる、大学生や高校生などに人気があります。

2.合宿期間中の食費や宿泊費などが掛からない

5f7379ba2228551dd75e088c7fdfeade_s

運転免許証を取る為に、気になる事の中には「費用面」もあります。

教習所に通う場合には、以前から「年齢×1万円」が目安とも言われていますが、補習授業などが発生したら、その分費用が掛かってしまいます。

では、合宿免許の費用はどれ位が目安なのでしょうか。

教習所の場所やカリキュラムにもよりますが、平均的な「18~20万円弱」が目安となっています。

これらの費用の内訳としては、講習に掛かる費用・合宿期間中の宿泊費や食費・免許交付手数料や検定費用などが、全て含まれています。

また、教習所によっては、講習が遅れた場合の追加費用も掛からない所もあり、別途補習費用が必要な通学と比べても、結果的に費用が安く済む事があります。

ちなみに、合宿免許の費用は分割での支払いにも応じていますので、卒業後に無理なく返済出来るのも魅力の一つです。

3.同じ合宿免許を受ける仲間や知り合いが出来る

46c44e147baed2df9dce0a4584a7ab50_s

これは通学での教習にも言える事でもありますが、合宿免許を取る人は様々です。

学生もいれば、仕事上で運転免許が必要になった社会人、子供の送り迎えに車の運転が必要となった主婦など、日頃はなかなか接する事のない人達とも交流出来ます。

それに、一人で参加している人も多くいますので、「知り合いがいないから・・・」と不安に思う必要はありません。

また、合宿期間中は、講習が終われば次の日までは自由時間になりますし、講習が休みの日は観光に出掛ける事も出来ます。
その時、一緒に観光をしたり御飯を食べたりと、自然に仲間が出来るのも合宿免許のメリットとも言えるでしょう。

卒業後も連絡を取り合ったりと、一緒に免許取得を目指した仲間は大切な友達にもなります。

4.滅多に行かない場所で、旅行も兼ねて運転免許証が取れる

d16dc3d25a31fe585d1e53e2c122c4f8_s

合宿免許を行う教習所は、街中から少し離れた場所にある事が多いです。

海や山が近くにあるなど、日頃はなかなか行く機会の無い場所へ行ける事も、合宿免許の楽しみの一つと言えるでしょう。
北は北海道から南は沖縄など、日本全国に合宿免許を行う教習所はありますので、興味がある場所へ旅行も兼ねて参加してみるのも良いでしょう。

ちなみに、自宅から最寄りの駅や空港から教習所までの交通費を負担してくれる教習所もあります。

その為、北海道に住んでいる人が、遠く離れた沖縄の教習所へ行く事もあります。

メリットも多い合宿免許はオススメ!

fffcdbc7875388180a1d4a63f7b12fd4_s

これまで、「合宿免許が教習所へ通うよりもお得な4個のワケ」をご紹介しました。

一般的な教習所では味わえない経験や、同じ時期を過ごした仲間が出来たりとメリットも多い合宿免許。

これから運転免許証を取る予定の方は、是非とも参考にされて下さい!

Comments

comments