中古車オークション業界を大解剖、歴史や現状、会員資格が必要!?

車好きな男性

中古車の取引といえば中古車オークション

いまや大きな存在感となった流通方法

一般の中古車を買う人、または売りに出す人にとってはあまり聞いたことがないものなはずです。

中古車オークションもしくはオートオークションは業者のための仕組みだからです。一般の人にとっては中古車の取引といえば町の中古車屋さん、下取りに出すならば新車のディーラー、買い取ってもらうときには買取専門店になるのでしょう。

ただし結局そのどこもが利用する中古車流通の仕組みが中古車オークションです。激しく営業合戦を繰り広げている買取専門店がなにやらとみに目立つようになってきたのも中古車オークション業界の成長と深い関係があります。

▼関連記事 中古車オークションの概要はこちらを

おすすめ中古車はどんな車?販売業界を知って賢い買い方をしよう!

中古車オークションの歴史

中古車のマーケットの拡大がきっかけ

第2次世界大戦の敗戦の後、GHQが自動車の生産規制を無くしたのが1949年です。この時にできた軽自動車の規格が固まったのが1955年。以後20年間続く360ccのエンジン排気量の時代です。

この頃にガソリンの統制も終わって今ある多くのメーカーが自動車の生産に乗り出します。ホンダが始めて4輪車を作ったのが1963年。F1を作った時には軽トラックしか売っていなかった話は有名ですがこれが現在の大手メーカーの最後の参入になっています。

モータリゼーションの到来

この1960年代の後半あたりになると販売に際して下取りする車の処理や不良在庫処理が問題になり始めます。当初はあくまでメーカー主導で系列販売店のそんな問題を対処するために中古車販売業者に競り市を適宜開催したのがきっかけだと言われています。

ところがこの競り市、メーカー系新車販売店が要らない車を売るための市場だったために中古車販売業者が車を売ることができなかったのです。中古車販売業者だって下取り車は発生しますし、手に余した在庫は処理したいものです。

会員業者間のオークションが登場

nismo-festival-14-51-1200x800

そこで業者間取引を目的とする「日本オークション協会」が1971年に設立され、現車オークションと名づけられた会員相互の競り市(オークション)の仕組みが生まれました。これが現在の大手のひとつJAAの元になった組織です。

こうして常設の定期市場を持った中古車販売業界ですが1980年に入るといよいよバーチャル市が立つことになります。オークネットが車をオークション会場に持ち込まないTVオークションの形を作りだしたのです。さらに現在の中古車オークションのもうひとつの有力企業USSが名古屋エリアで創業して常設会場を設けます。

インターネット通信やデジタル技術の発展とともにJAA、USSともに常設会場での現車オークションに加えて電子商取引となる会員業者間のネット取引の形態を整えて現在の隆盛に至っています。

中古車オークション取引の現状

常設会場で週一開催

引用元(Quote source) http://urbanmatter.com/25-all-day-hotel-parking-in-chicago/

引用元(Quote source) http://urbanmatter.com/25-all-day-hotel-parking-in-chicago/

JAA、USSは直営の現車を直接確認できるオークション会場に加えて提携会場を全国に持っていて各会場週一のスケジュールで取引を行っている他、オークネット同様にそういった会場でのセリに現場にはいかずに電子取引で参加できる仕組みを持っています。

JAA、USSはオークション会場を持ち現車を確認できる仕組みが整っていることが特徴。オークネットは自前の会場は持ちませんが提携会場や店頭在庫もそのまま映像による取引ができることが特徴です。

オークネットの方式では特に取引する車の品質保証が問題になります。そのためにAIS検査という基準を厳格に適用しています。出品車の検査、検定はいずれの企業も力をいれているところです。

業者間取引の実態に合わせたサービス

オークネットのやり方は一見合理的に見えますが、より手間のかかっているJAA、USSのやり方もプロ向けのサービスとしては必要性のあるものです。取引はインターネットで落札して完了して代金の清算も仲介できたとしてもすべてが終わる訳ではありません。取引した車の受け渡しがあるからです。この配送の手配の充実はJAAやUSSの強みといえるでしょう。

JAAの流れ札(落札に至らなかった商品)の直売システムなども業者にとっては注目のサービスでしょう。

 

中古車オークションに参加する参加資格

車検

このように便利な仕組みですが、車の搬入、搬出、データの作成、検査検定などかなりの手間がかかっていて必要経費だけでもそれなりに積み重なっています。当然仕組みを利用する手数料も発生しています。ならば個人で参加できれば節約できるところもあるのではないかと考えると思いますが、中古車オークションはあくまで会員業者間の取引です。

参加資格については

  • 古物商(中古車)の許可
  • 常設の展示場のある営業所
  • 連帯保証人

など法人であることだけなく条件が課されます。また審査内容には所有不動産のチェックなどがあり高額商品の取引となるだけにかなりのハードルがあります。

 

便利な中古車オークションに掛かる経費

中古車オークションにかかる経費はずばり一台あたま60万円程度といわれます。会場ではほとんど20秒ほどで取引が成立しているといいます。こうして車を仕入れること、または引き取った下取り車などを捌くことが自動車で商売をする基本になっています。

これ以下の値段の車は基本はオークションで値がつかないと判断されたものだと思ってよいでしょう。もしくはすぐ売れると踏んだ車がたまたま手に入ったケースです。中古車を買うときの価格の目安になると思いますので覚えておきたい数字です。

Comments

comments