意中のあの車、維持費が気になるならここをチェック

Subaru-Impreza-BMW-V10-5

節約できるならしたいのが車の維持費

車の維持費を計算できるように必要な知識は

意中の車を巡ってあれやこれや思いを凝らして買うかどうか悩んでいる時は楽しい瞬間でもあります。その中でやはり重視したいのは維持費。つまり乗り始めてから使いこなすのに支障はないのかという部分です。

車の維持費の大半は税金やその他の上納金です。その部分はもう致し方ありませんが、それ以外で実際に使っている時に問題になる維持費はどんなものなのか考えて、買ってからの使い勝手がどうなのかを正確にイメージできるようにしたいと思います。

▼関連記事 維持費のうち、大きな割合を占める税金などの詳細はこちらからどうぞ

事実を知って驚愕、安くしたい車の維持費のほとんどは税金?

しっかり計算できるかどうかは維持費についてしっかり知識があるかどうかです。ひとつづつみていきます。

 消耗品は交換や補給が必要

日常的なガソリンや軽油など燃料代節約にはクレジットカードを活用

燃料代節約には石油会社やガソリンスタンドが発行するクレジットカードのポイントを活用するという手があります。クレジットカードではユーザーが利用しているお店は手数料を支払っていますが、その一定部分は発行店に還元される仕組みになっています。

例えばあるガソリンスタンド会社が発行するカードをその会社のスタンドで使うとポイントが貯まってサービスとして還元されるのは分かりやすいと思いますが、注目点はスタンド以外のお店で使ったことに対する還元がどのくらいなされているかです。

カードの発行元として会社に還元されたお金をユーザーにどれだけサービスするかは、おのおの違うのが現状です。場合によってはどのスタンド、石油会社を使うのか考えることで燃料代は節約できます。

もっともガソリンでサービスしてもらおうと思えば他のクレジットカードからの還元はあきらめなければなりません。

 定期的な消耗品は把握したいもの

自動車は多くの部品からできていますが車についているメインテナンスノートを見れば各種の消耗品をどの程度の目安で交換すべきかが書かれています。自動車用品店やガソリンスタンドなどで勧められる頻度よりはるかに長い期間が設定されていることにお気づきでしょうか。

基本的にはディーラーなどでは車検やメンテナンスの際に予防的に部品交換を勧める時にはメインテナンスノートの記載やメーカー推奨の期間を目安にしていると思います。オイルやフルードなどで時間が経てば間違いなく性能が低下しているものもありますが、機械的なものは特に使い方による部分が大きいといえます。

車検で費用がかさんで高いのではないかと揉めたり納得いかなかったりする場合はこの目安に対する考え方の違いが大きいと思われます。

 消耗品の交換は目視で確認を徹底するべき

こうしたトラブルで嫌な思いをしないためには消耗品は自分の目で見て確認をすることが大切です。特に分解をしなくても目視できる部分を日常よく観察しておくことは安全に役に立ちます。というより主要な部分はそれが運転する人の義務でもあります。

 目視が簡単な代表はタイヤで頻度も高いです

タイヤの残溝や亀裂など破損がないかどうかは割合に簡単に確認できます。消耗品の代表的なものでもあって交換頻度も高ものです。皆さんの感心も高いと思います。タイヤと維持費の関係については詳細記事を用意したいと思います。

【車の維持費の計算】タイヤの価格と維持費の比較(準備中)

 実は簡単に目視が可能なものもあります

タイヤのように表にむき出しになっていなくても実は目視が可能な消耗品もあります。エンジンオイルは状態を目視できるようにゲージを抜き差しできます。入れたすぐの状態をチェックして度々確認するとよいでしょう。オイルフィルターはオイル交換2回に1回の交換が勧められています。

バッテリーは必ずではありませんが状態をチェックするものがついていることが多いです。ウォッシャー液も確認できるようになっています。ブレーキフルードが減ることはほとんどないと思いますがこれの量も確認できます。これは減っていたら大変なことです。ベルト類も見えるものがありますが、最近は耐用期限前に痛むようなことはほぼ聞かないでしょう。

ブレーキパッドはタイヤを外さなければ見えないと思いますが、もう使えないという手前で異音がして知らせてくれるようになっています。

自分で管理する意識を持てば維持費の削減は可能

見ることのできない消耗品は仕方ありませんが、自分で管理する意識をもてば少なくとも無駄な交換によって維持費が高くなることは防げます。人に任せるならば意地悪する気はなくとも余裕をみて交換しなければ、特に業者も何かあったときには責められてしまいますから早め交換となるでしょう。

基本は自ら管理することが大切ですから、そのためにも見える見えないどちらの消耗品も寿命の考え方は詳細をご用意したいと思います。

▼関連記事

【車の維持費の計算】消耗品の詳細と寿命の考え方(準備中)

Comments

comments