シューマッハが快方に向かっている!?フェラーリ元社長の問いかけに反応

Michael-Schumacher

引用元 masterherald.com

2013年にスキーで転倒し、その後二度の開頭手術を行い、血腫を取り除いたが、昏睡状態が続いていたミハエルシューマッハーだが、元フェラーリのボス、ルカ・ディ・モンテゼモロによると、問いかけに対し、何かしら良い反応を返したということだ。

シューマッハは、2014年に意識を取り戻し、リハビリの為にスイスのローザンヌ大学病院で治療を続け、現在は自宅で治療を続けているようだ。以前の報道では、意識は取り戻しているが、記憶と会話に障害があるとされている。快方にむかったとすると、会話ができるようになったのだろうか。

ただ、いままでの情報もその後の動静は伝わってこず、真偽のほどの確認しようがなかった。今回の報道もどの程度信頼できる情報なのか分かりかねるが、モンテゼモロから発された言葉であれば、多少信頼性があると考えられる。

治療費は、概算で16億円ほどかかっているとの報道もあるが、彼の財力からしたら、まだ問題のない範囲だと想定できるが、時速300㎞近くでコースアウトしても足の骨折だけで済んでいたシューマッハーが、スキーで転倒し、このような状態になるなんて、誰が想像できただろうか。

 

引用元 http://www.telegraph.co.uk

Comments

comments