おすすめ中古車はどんな車?販売業界を知って賢い買い方をしよう!

main_visual

中古車ってどんな商品なのか?

中古車オークションについて知ろう

欲しいのはどんな車ですか、気になる相場、値引きを知るには

中古車を買おうと思ったきっかけ、中古車を選ぶ理由、それはさまざまだと思います。中古車とは前に持ち主のあった車のことです。型式の認定があってメーカーの完成検査終了証のついてくる、いわゆる新車は同じように作ってあっても一台一台は違う車です。

使用された履歴によって車には歴史が生まれ、各々の状態はどんどん違っていきます。中にはどんな人が使っていたのか分かる状態で譲渡される車もあるでしょう。友人などから買う場合はそうですが、実際には極めてまれなケースです。

中古車販売の相場、ひいては値引きがおすすめの適切な状態なのかどうかを判断するのが、だからこそ難しいといえます。

ほとんどのケースで中古車は中古車オークションを通じて流通

商品としての中古車がどんな特徴があって、どんなふうに流通しているのか理解することで賢い買い方を知ることができるでしょう。主な流通経路となっている中古車オークションをみながら中古車が商品としてはどんな性格をもっているのかみてみることにします。

中古車オークションとは卸市場

中古車販売店に便宜を図るためにあるもの

オートオークションまたはカーオークションとも呼ばれる中古オークション市場が中古車販売業界では支配的な存在になっています。名前のとおりせり売りを行っている市場です。会員業者(プロ)を相手にする卸市場ですから、同じような名前のネットオークションのように個人向けではありません。あくまでB to B(販売業者間取引)を意識した市場になっているのはたいていの商品にある卸市場と同じです。販売店は品物がなければ商売になりません。

ブランドという意味では車市場は特殊

ブランドという言葉をただ商標として捉えるかルィヴィトンのようなものを表すものとして捉えるかによって意味は違ってきますが、日本では車のブランド、特に車種ではなくメーカー名のほうはどこであっても、もはや立派な高級ブランド。ルィヴィトンのような意味があるといってもいいと思います。

車の製造というのは製品の社会的な責任からおいそれとできるものではありません。車を使用するためには検査登録(いわゆる車検)が必要ですが、型式をとってある自動車は最初の登録の新規検査は現物を検査所に持ち込まなくてもよいことになっています。何らかの目的でほんの少数製造されるような車でなければ型式の審査を受けていない新車は皆無といっていいでしょう。

形式をみれば中古車のデータを入手するのは簡単

それだけでなく燃費を誤魔化していたとして最近三菱自動車が問題になりましたが、ああいった例でも分かる通り自動車の諸元として公表されているものはしっかりとした共通の基準で表示されています(意図的な誤魔化しがなければですが)。

こうして世に出た車は構造等変更検査(いわゆる改造車検)を通っていなければ中古車になっても基本的には型式の審査をうけた新車の時の通りのものです。つまり型式が表示されていればどんな素性の車かエンドユーザーにとっても丸わかりという点では中古車の販売市場というのはちょっと特殊なマーケットだといえます。

個々のコンディションも査定である程度明確

さらには査定という仕組みがしっかりできあがっていて、個々の使用履歴からくるコンディションもある程度基準化されて明確になってもいます。今回はこの点については別の機会に詳細を譲らせて頂きたいと思います。

▼関連記事

中古車の査定相場を勝ち抜く、上手な買取店利用ポイント(準備中)

相場を形成するのは中古車オークション市場

中古車オークション業者がとった手法とは

中古車販売市場の現状を手っ取り早くまとめてみましょう。中古車に限らず一般的な話として価格とは売りたい人と買いたい人の需給バランスによって決められるものです。

中古車販売の現場ではエンドユーザーに対応する販売店が重要なプレーヤーとして登場しますが中古車が古物という性格から中古自動車の取引店の仕事は販売と共に仕入れもあることになります。

中古車オークション業者にも変遷がありますが、今の圧倒的な力を得たのは現車をいちいち会場で確認するのではなく、まず映像や場合によっては衛星テレビやインターネットで会場にいかずとも確認できる仕組みが確立したからです。

かなり標準化されている中古車取引

通常取引されるような車には型式があり、査定が一定基準でなされてコンディションの評価もある程度確定しています。あとはその時その時の需給バランス。すでに買いたい客の目安があるのか、車の人気を考えれば在庫としておきたいのか、お買い得な入札価格と考えるのか業者ごとの判断にはなりますが取引が成立していきます。ただニーズをすでに掴んでいるのでなければ、大抵の場合考えていることは皆同じでしょう。

いまでは買取専門業者が花盛りなのは中古車オークションという売りさばき先があるからですし、新車ディーラーが下取りした車も多くは中古車オークションに出されます。

買取業者の営業攻勢にも訳があり

中古車の相場や値引きを考えるならば、通常のルートで流れる車はまず中古車オークションに出品されるところで買い取った業者の収益が乗せられ、中古車オークションで入札される時にオークション業者の収益が乗り、販売される段階で販売業者が収益分を乗せるものだと理解することが大切です。

どこかの利益を削ることができるならば中古車を安く手に入れることは可能でしょう。ただしそうはうまくいかないためにこのようなシステムが成り立っているのも事実です。一般消費者は会員にはなれず取引できないため、なかにはことしやかに資格者がオークション代行をするとしてアピールすることもありますがそれほど画期的に費用が削減されるかといえばそうでもないと考えます。

▼関連記事 それでは中古車オークション業界をもっと詳しく見てみましょう

中古車オークション業界を大解剖、歴史や現状、会員資格が必要!?

Comments

comments