【動画】シルビアのエンジンを載せちゃったドリフト専用カート!? その走りに注目!!

1320 Video Flymount5
1320 Video Flymount5

車好きには車名を言わなくてもエンジン型式を言えば、大体車名が分かるし、どのような嗜好なのか想像ができる。型式で通るエンジンは、それ自体が特長があるものが多い。RB、2JZ、M54、13Bなどなど。何に載っているか分かると思う。SRエンジンもそうではないだろうか

SRエンジンは、1989年にブルーバードに搭載されたのを皮切りに数多くの車に搭載されてきた。FF、FR用それぞれに使用されており、シルビアやプリメーラなどにも搭載され、2006年まで17年間も使われてきた20世紀末期の傑作エンジンの一つだと思う。

鋳造アルミブロック、ヘッドだが、アルミブロックの割に剛性も高くチューニングベースにも人気があり、高回転まで回るエンジンは、サーキット走行などモータースポーツでも人気がある。さて、SRでもターボがついた2リッターエンジン、SR20DET。ノーマルでも250PS程度とハイパワーだ。何に載ってるか?言わなくても分かると思う。

が、これはどうだろう

カートというよりは、パイプフレームで組まれたバギーのようだ。ベースがなんなのか分からない。フロントはストラット、エンジンは縦に置かれFR。リアは、よくみえないが、マルチリンクだろうか。シルビアの足回りをそのまま流用しているようにも見える。

ドライバーの身長が分からないが、足元も狭そうだし、その直後にリアタイヤがある。ホイールベースは2000mmないのではないだろうか。

軽量、ハイパワー、ショートホイールベースにワイドトレッド。スポーツカーの理想形だ。その通り、S14を追い回している。実用性ゼロだが、楽しそうだ。ちょっとサイドの衝突が怖いが。

不思議なのは、海外、アメリカだと思うが、千葉ナンバーが付いているところだ。公認が取れるような車ではなさそうだし、つけたまま輸出もできないと思う。もしかしたら、日本のダサいと言われているナンバーが、かの国では人気があるのかも知れない。

ご存知の方がいらっしゃったらご教示ください。

Comments

comments